• (FOUR)Conclusion

ニュース

(4)結論

マイクロLEDは、ほぼ完璧なディスプレイテクノロジーと見なされており、高輝度、高コントラスト、広色域、シームレスなスプライシングの利点により、85インチを超える大画面ディスプレイの分野で幅広いアプリケーションの可能性があります。主要なディスプレイメーカーは、マイクロLEDディスプレイの分野で積極的に展開しています。LEDチップの構造とカプセル化は、マイクロLEDディスプレイデバイスの性能を直接決定します。

現在、業界では主にワイヤボンディング構造、フリップ構造、垂直構造の3種類の構造が採用されています。これらの構造を比較すると、発光効率が高く、放熱性能が良く、信頼性が高く、大量生産能力の高いフリップチップがマイクロLEDディスプレイに適していることがわかります。

通常、マイクロLEDカプセル化フォームには、チップタイプのSMDカプセル化、N-in-one IMDカプセル化、およびCOBカプセル化が含まれます。これら3種類のカプセル化の中で、最も統合度の高いCOBカプセル化を使用すると、理論的には最小のピクセルピッチ、最高の信頼性、最長の表示寿命を実現でき、マイクロLEDの最適なパッケージソリューションと考えられています。

マイクロLED製品の全範囲:

1)フリップチップCOBカプセル化テクノロジーを使用する

2)StarsparkのコアアルゴリズムHDR3.0を統合する

3)インテリジェントディスプレイテクノロジーを統合する

専門家チームは、表示効果を向上させるために、光学設計と画質処理について継続的に研究しています。これらの努力は、滑らかな画像、高い色再現、穏やかで一貫した表示に貢献しています。すべての結果は、大規模なコントロールセンターや会議センターなどのシナリオで広く使用されている製品に適用されています。


投稿時間:2022年3月16日